バナー

歯科医院用予約システムの特徴

歯科医院など医療系業種では予約システムが馴染まないと言われていましたが、現在ではシステムの高機能化により導入が進んでいます。利用者の都合ではなく歯科医院側の都合もあることから実現が難しかったと言えますが、高機能なシステムは導入により様々なメリットが得られます。

その一つが患者のデータベースとの連動がありますし、リコール機能による予約確認や無断キャンセルへの対応となります。
歯科医院では定期健診を行うところが増えていますが、3ヶ月から6ヶ月程度の頻度となりますので、予約を忘れてしまうことが多いのが特徴となります。


リコール機能があればメールや電話により通知が可能となりますので、これまでは無断キャンセルが多くても解決できるようになります。



歯科医院では急患もありますし、健診の予約でも診察により別の治療が必要になるケースなど患者一人一人に対応しなければならない点が特徴となります。

全てに対応するには自動予約システムでは困難ですから、電話予約との連携により問題点を解消することが可能となっています。



特殊な業界ほど自動予約が馴染まないケースが多いですが、業種に特化した専用の予約システムがあれば効率化を計ることが可能です。



高機能な予約システムは導入費用が割高になりますが、割高になっても得られるメリットのほうが優れている場合もありますので、専用のシステムを導入することが大切だと言えます。


そのためには予約システムの特徴やシステム内容を見極める必要があります。